2016年08月24日

ゴルフプレー中、いろいろなシチュエーションで必要なアイテム ティーショット・コース上・グリーンなどで。 プレー前に、しっかり用意しておきましょう。

ゴルフプレーで必要な小物アイテムの種類、選び方


22golf_komono200_04.jpg

ゴルフプレーでは、ティーショットからフェアウェイ、グリーンといろいろなシチュエーションで敏速に使用する大事なアイテムがあります。ティーショットでスウィングミスを援護してくれるティペッグ、ロストボールなどの対処に便利な予備ボールフォルダー、グリーン上、修復のためのグリーンフォークなど大事なプレーアイテムです。プレー中に困らないようにしっかり用意してプレーしましょう。


22golf_komono700_01.jpg

ティーショットで使うティーの選び方


22golf_komono200_05.jpg

ティーショット時、ティーグランドにスウィングの補助として、地面に刺して使用する大事なアイテムです。ミドル・ロングホールなど、ドライバーを打つときに使用する長めのティー、ショートホールなどでアイアンなどに使用する短めのティーなど用途に合わせて用意しましょう。

普通の木のタイプからスウィングの抵抗を考えたウィング型のティーなどいろいろな種類があります。自分に合ったティーを用意、プレーに使用しましょう。また、殆どのゴルフ場にはサービスとして用意されています。予備として、それを使用することも可能です。


グリーンオンで使うグリーンフォーク


22golf_komono150_01.jpg

ナイスアイアンショット、グリーンにオンしました。その際にグリーンにできたボールの窪み跡を修正します。そのときにグリーンフォークを使用し、修正します。グリーンオン時には必ず使用する大事なアイテムです。特に自分の打ったボール跡は他のプレーヤーに迷惑のかからないように修正することを心がけましょう。大事な愛用アイテムとして常に用意しておきましょう。


22golf_komono200_01.jpg

ここで修正の仕方も簡単に覚えておきましょう。凹みを基に戻すときに芝を切らずに戻すようにしましょう。まずは凹みの盛り上がった背後にフォークを刺して、凹み(穴)の内側(中心)に手許を寄せるように修正します。同様に凹みの周囲から中心に寄せるように修正します。

この方法で修正すると芝にダメージを与えることなく凹みの修復ができます。フォークを刺してスコップのように先端を持ち上げる方法は芝を傷つけ上手く凹みの修正も出来ません。こうならないように刺したら凹みの中心に手許を寄せるように修復しましょう。以外と楽に修復できます。大事な芝を大切に楽しいプレーをしましょう。


ボールのマーカー


22golf_komono200_06.jpg

マーカーはグリーンにオンしたボールの目印に使用します。グリーンにオンしたボールは拾い上げて拭くことができ、その拾い上げたボールのあった場所に目印として置きます。グリーン上での必需アイテムです。プレーの時は用意をしましょう。

コインを代用で置くことも可能ですが、近年はマグネット式のマーカーの人気が高く、ゴルフキャップにマグネットホルダーを付けて使用するプレーヤーが多くなりました。グリーンオン時にポケットなど探す手間も省け、すぐに使用ができ、重宝されています。

また、ネックレスタイプなどもあり自分に合ったものを用意しましょう。グリーン上ですぐ使用するマーカーは以外とポケットなど探す手間が面倒です。扱い易いものを準備しておきましょう。マーカーも殆どのゴルフ場にサービスで用意されています。予備として、使用しましょう。


プレー中に身に着けるボールケース(フォルダー)


22golf_komono200_03.jpg

身体に携帯するボールケースもプレー中に起こるアクシデントでのロストボールに備えるために必需アイテムです。プレー中には必ず予備のボールを常に携帯しておきます。どのシチュエーションでもすぐに対処できるようにしておきましょう。

その際、パンツのポケットなどに入れてプレーすることも可能ですが、案外ポケットが膨らみスウィングの邪魔になります。すぐに取り出すのも面倒だったりします。携帯のボールケースに入れてプレーすることで気を遣うことなくプレーに集中できます。ベルトに付けて使用出来るものなど使いやすいものを用意しておきましょう。





posted by happy_golf at 16:30| ゴルフ基本アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。