2016年08月30日

ゴルフの醍醐味、クラブの大事な選び方
目標・飛距離に合わせたクラブの使い方もしっかり確認!
プレー中にキャディーバッグには14本セット!
しっかり自分に合ったクラブ選びをしましょう。

ゴルフクラブ


プレー中のクラブの種類


17golf_kurabu700_04.png

さあ、いよいよクラブ選びです。クラブには飛ばす飛距離、必要な用途に応じて、いろいろな種類のクラブが用意され、その場に合ったクラブでプレーを進めます。簡単にプレーの流れを説明します。まずはミドルコースをプレーするとし、ティーグランドでのショットになります。

ここではフェアウェイウッドのドライバーを使用します。持っているクラブの中で一番距離を稼げるクラブになります。ナイスショットでフェアウェイにボールがあり、2打目以降でグリーンを狙ってプレーします。距離によってクラブの選択になります。

残りの距離が180ヤード以内のとき、持っているアイアンセットから距離に合ったものを選んでプレーします。上手くグリーンに乗りました。さあここからはカップインのためにパターをつかいます。見事カップインです。プレーはグリーンでのパター他、フェアウェイウッド・距離に合わせた各種アイアンでプレーを進めます。

またロングホールなど距離が長いコースでは2打目にドライバー以外の距離が出せるフェアウェーウッドを使用します。バンカーなどハザードにあるボールはその用途に合わせたウェッジを使ってプレーします。ゴルフはこのようにその場に合ったクラブを選び、プレーを進めるスポーツです。このクラブ14本セットの選択は自由にできます。

中距離などにウッド系が好きな人はアイアンを短距離に使うものだけを揃えたりできます。セットのパターンはいろいろです。また、クラブには重さ、硬さなど体格、技術に合ったものがいろいろあります。まずは重さも硬さもレギュラーサイズを基本に纏めたゴルフセットのチョイスをおすすめします。

少しゴルフも上達、楽しみを覚えてスコアが気になりだしたときには自分のクラブスウィング・飛距離などを考慮したクラブを選んでいきましょう。まずは纏まったセットでゴルフプレーをエンジョイ、ゴルフの醍醐味や方法、魅力を楽しみましょう。


17golf_kurabu700_01.jpg

自分の体力・パワーに合ったクラブ選択


クラブを選ぶときは、自分の体力・パワーに合ったクラブ選びが大切になります。自分のスウィングの速さを基にクラブの硬さを割り出しそれに合ったクラブのシャフトが用意されています。シャフトの硬さはスウィングの速さ、ヘッドスピードに合わせて女性向け・柔らかめ・一般・硬め・アスリートと言った段階に揃えられています。

クラブの重さも軽量〜重量までいろいろあります。少しゴルフを熟知してくると自分の好みに合わせてクラブの重さも選ぶことになります。自身の体力にもよりますが、まずスタート段階では女性は自分の体力を考え、女性に合ったクラブを男性は、体力などに自信のある方は別として、一般のレギュラーをおすすめします。


クラブシャフトの硬さ、段階・種類


17golf_kurabu700_05.jpg

シャフトの硬さはゴルファーのレベルに合わせて用意され、記号でシャフトの硬さを選びます。初心者の女性〜プロ用まで段階によりシャフトの硬さが決められ用意されています。


L(レディース)【ヘッドスピード:20〜35】


女性を対象にクラブを振ることの初心者用のシャフトです。柔らかく、よくしなるクラブシャフトです。ヘッドスピードがないまだこれからスウィングを練習していくような方におすすめのシャフトになります。


A(アベレージ)【ヘッドスピード:33〜41】


少し、スウィングに自信のある女性や少し体力の落ちた男性シニアの方など合わせたクラブシャフトです。すこし柔らかめで、しなりやすく力の弱い人でも扱いやすいシャフトの硬さです。


R(レギュラー)【ヘッドスピード:38〜46】


男性は一般にこのシャフトを選びます。スウィングも普通にでき、一般的な体力・運動力を持った方、女性でも少しパワーのあるスウィングに自信のある方などにおすすめのシャフトになります。


S(スティッフ)【ヘッドスピード:42〜50】


少しスウィングに自信のあるゴルファー用シャフトになります。レギュラーよりやや硬く少しパワーのある方などが使用します。少しゴルフに熟知し、パワーも備わり飛距離を考える人を対象にしたシャフトの硬さになります。


X(エクストラ)【ヘッドスピード:48〜55】


他と比べて最も硬いシャフトになります。スウィングも安定、パワーもあるプロなみのアスリートやプロ用のシャフトの硬さになります。


17golf_kurabu700_02.jpg

クラブの重さ


クラブの重さも好みで軽いものから重量のあるものまでいろいろ用意されています。シャフトの素材にもカーボン製の比較的軽量で扱いやすいものから少し重量のあるスチール製のものがあります。パワーにあまり自信がないゴルファーはカーボン製が扱いやすく適しています。少しパワーに自信のあるゴルファーにはスチール製が用意されています。

初めてのクラブ選びでは、軽量過ぎずに少しクラブの重みを感じられるようなクラブを選びます。最初のスウィングがまだ安定しないうちは、少し重みを感じる、軽量過ぎない重さのクラブを選びます。軽量なクラブは扱いやすい反面、手打ちのスウィングになり、安定したスウィングが出来ないデメリットがあります。少し力をセーブしたクラブの重さを感じたスウィングを身につけステップアップし、楽しいゴルフにしましょう。


クラブの長さ


17golf_kurabu700_03.jpg

クラブの長さは特に細かい基準はありません。女性、男性用で用意されています。ドライバーは飛距離を考えるため、流行り、好みに合わせたサイズがあります。最近は少し長めの長尺クラブが人気で46インチ以上が多くなりました。ドライバーは飛距離を求めるクラブでもあるため、長さも考慮、工夫されています。はじめのクラブ選びは自分の体力・技術に合ったスウィングしやすい長さのクラブを選んでプレーを楽しみましょう。





posted by happy_golf at 00:42| ゴルフ基本アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。