2016年09月05日

ちょっとした気のゆるみが手痛いペナルティーミスに!
グリーン上のルールをしっかり確認!
ホール前の最後の一押し!大事にホールアウトを。

パッティンググリーンでの基本ルール3
(手痛いペナルティーに注意)


移動したボールを戻さずに打った


■ペナルティー:誤所からのプレー
2打罰(2打+):そのまま続行

13golf_green200_04.png

同伴者のライン上に自分のボールがあり、その同伴者のプレーの邪魔にならないようにパターの幅分位を目安にボールをライン上から移動することがあります。その後、自分の順番が来た時に元の位置に戻さずに打ってしまった場合は手痛いペナルティーを受けることになります。ホール直前に頑張ったスコアが台無しになってしまいます。打つ前にもう一度確認するようにしましょう。


傘をさしてもらいながら打った


■ペナルティー:プレーヤー保護
2打罰(2打+):そのまま続行

雨がひどいときなどに同伴者やキャディーさんに傘をさしてもらってなどのプレーはペナルティーを受けます。プレーヤーに対しての援助行為はプレーヤー保護扱いとなりペナルティーに対象になります。プレーヤーが自分で傘を以って打つのは違反にはなりません。プレーヤー以外の保護は違反対象になりますので注意しましょう。


マークして拾い上げ、別のボールに変えた


■ペナルティー:ボールの交換
2打罰(2打+)

今、自分の使用しているインプレーのボールをついうっかりでも変えることはできません。球の紛失などインプレーのボールでは無くなった時以外はホールアウトまで自分のインプレーボールでプレーすることが決められています。軽い気持ちでのプレーは手痛いペナルティーの対象になります。インプレーのボールは拾い上げた後も、しっかり注意して別のボールとは区別しプレーしましょう。


旗竿に付き添っている同伴者・キャディーさんの足に当たった


■ペナルティー:付き添い者に当たった
2打罰(2打+):そのまま続行

13golf_green250_02.jpg

少し距離があるパッティングの時など、ホールの位置確認で旗竿を持ってもらうことがあります。この際のパッティングでその付き添い者にボールが当たるとペナルティーを受けることになります。このようなパッティングの際は注意が必要です。またボールが当たってそのままカップインしたときもペナルティーを受けカップインとなります。付き添いを行う場合はこのことに注意しましょう。


パッティングしたボールが旗竿に当たった


■ペナルティー:旗竿に当たった
2打罰(2打+):そのまま続行

13golf_green250_05.jpg

パッティングの際、ホールにさしたままの旗竿・グリーン上に置いてある旗竿に当たるとペナルティーを受けることになります。同伴グループ全員がグリーン上にボールが乗った時点で旗竿は抜いてプレーします。さしたままの状態でのパッティングで旗竿に当たると手痛いペナルティーが課せられます。注意が必要です。また、抜いた旗竿にパッティングのボールが当たった時もペナルティーを受けることになります。旗竿を抜く際も不用意ににホールのそばなどに置かないように注意しましょう。




posted by happy_golf at 16:37| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。