2016年10月31日

ナイスショットしたと思ったボールがバンカーに!
バンカーは曲者!気を引き締めて脱出作戦を開始!
しっかりルールを守って、バンカーをクリアしよう。

バンカー(ハザード)での基本ルール1
(しっかり救済ルールを覚えてアクシデントを回避)


バンカー内の煙草の吸殻が落ちていたので取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカーにつかまったボール近くに邪魔になる煙草の吸殻や紙コップ・ペットボトルなどは取り除くことができます。これは人工物(動かせる障害物)で取り除いてもペナルティー対象外です。もし取り除くときに誤ってボールに触れてボールが動いてしまった場合でも、ボールを元の位置にリプレースすれば問題ありません。

その場合はしっかりリプレースして元の位置からプレーします。リプレースしないでショットしてしまうとペナルティーを受けることになりますので注意しましょう。


砂に埋まってしまったボールを確認した


■ペナルティー:対象外:0打罰

09golf_suna300_04.gif

バンカー内に入ったボールが砂に埋まり、自分のものか分からず困るときがあります。その場合、救済処置があり、砂を取り除いてボールを確認、マークを付けて拾い上げての確認などができます。このとき、同伴者に宣言、確認をとり行います。確認後は元の状態に戻してからプレーしなければなりません。


参加者が誤って蹴った松かさがバンカー内に入り取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカー内で打とうとしたとき、自分以外の人が蹴った松かさなどが落ちて来て、打つのに邪魔になるようなアクシデントが起きたとき、その松かさを取り除くことができます。

本来、バンカー内の自然物は取り除くとペナルティーを受けることになりますが、この場合は自然物ではなく、打つ前の現状回復の権利で取り除くことができ、ペナルティーはありません。こんなときは気持ちを落ち着かせて、松かさを取り除いて、プレーに集中しましょう。


自然物(ルースインペディメント)


自然物(ルースインペディメント)とは、枯葉・木の葉・気の枝、動物の糞、虫類など自然のものを指します。松かさや木の葉などが自然に落ちてバンカー内にあるものは自然物になります。


ボールにくっついたレーキを取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカー内にあるレーキにボールがくっついて止まってショットに邪魔になるとき、レーキは人工物、障害物になり、ペナルティーを受けることなく取り除くことができます。取り除くとき、ボールが動いてしまった時は、リプレースしてプレーをします。取り除くときに砂の改善をするとペナルティー扱いになりますの注意しましょう。


バンカーショットのために、しっかり足元を埋めて安定させた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカーショットの前に、スタンスをとるとき足元を砂にグリグリ埋め安定させてプレーしてもペナルティーになりません。足場が上手く決まらなく砂をならしてスタンスをやり直すなどは「砂のテスト」扱いになりペナルティーの対象になりますので注意しましょう。一度で充分にスタンスを決めて、しっかりしたショットをしましょう。




posted by happy_golf at 17:11| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。