2016年10月31日

ちょっとした気のゆるみ「うっかり」で大きな失敗!
その時々のルールを大事に!
状況を把握してうっかりミスを防ごう。

スルーザグリーンでの基本ルール3
(ちょっと痛いミス!気を付けて慎重に!)


打つために側の邪魔なOB杭を抜いた


■ペナルティー:OBの杭(固定物)を動かした
2打罰(2打+)

よく勘違いで障害物と思いOB杭を抜いてしまうことがあります。OB杭は障害物ではなく固定物になり、打つときに邪魔になることがあっても抜いたりして動かすことはできません。この場合はそのまま打つか、アンプレヤブルを宣言して救済処置を受けるしかありません。OBとしての杭・壁・フェンスなどはみな固定物で動かすことはできません。注意しましょう。


アドレスでボールの後ろをならした


■ペナルティー:ボールの後ろをならした
2打罰(2打+)

ナイスショットをしたいがために、ボールの後ろの草をならしたり、押さえたりするとスイングの改善と見なされ、手痛いペナルティーの対象になります。少しの気のゆるみでペナルティーをとられないように注意が必要です。ありのままのショットが原則、その改善にはペナルティーが課せられます。


自分以外の人のボールを打ってしまった


■ペナルティー:人のボールを打った
打った打数はカウントしない
2打罰(2打+)

08golf_gokyuu300_03.gif

よくコース場であることですが、つい勝手な思い込みで他の人のボールを間違えて打ってしまうことがあります。これは自分以外のボールで「誤球」になりペナルティーが課せられます。打った打数はカウントしないで「誤球」のペナルティーが課せられます。打つ前に自分のボールかをしっかり確認してからショットします。凡ミスで大事なスコアを落とさないようにしましょう。


スイングに邪魔になる枝を折ってプレーした


■ペナルティー:木の枝をおった
2打罰(2打+)

林の中などにボールが止まっていて、枝や草木が邪魔になるとき、何気なしについ折ったり、踏んだりしてショットをすると、ゴルフの原則「ありのまま」プレーの改善にあたりペナルティーが課せられます。上手くショットをしたいと思うちょっとした軽い気持ちでしてしまう行為ですが、大きなペナルティーを受けてしまいます。ゴルフの原則を守って「ありのまま」のプレーをここをがけましょう。


ちょっとうっかりOBボールを打ってしまった


■ペナルティー:OBのボールを打った
誤球:2打罰(2打+)
OBボール:1打罰(1打+)
計:3打罰(2打+1打+)

08golf_OB300_01.gif

これは、うかっかりでもかなり痛いミスです。OBに止まったボールをついうっかり打ってプレーをしてしまうことがあります。これは、OBボールはインプレ―ではなくなるので「誤球」としての処理になります。それとその前のショットがOBなので「誤球」+「OBボール」のペナルティーが課せられます。ちょっとしたうっかりが手痛いミスになり大きなペナルティーになってしまいます。OBの確認、ボールの確認と両者ともしっかり見てプレーします。案外よくあるケースです。注意しましょう。





posted by happy_golf at 18:25| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。