2016年11月02日

いよいよ、ゴルフプレーのスタート!
ティーグランドに集合です。
体をリフレッシュ!気持ちをリラックス!
運も味方につけてスタートです。

■ティーグランドでの基本ルールを守りましょう。


ティーグランドで打てる区域ルール


さあ、参加者全員で打つ順番を決めティショットの準備です。ティーショットは決められた区域で打ちます。区域には左右に範囲を示す、ティーマーカーがあります。左右のティーマーカーを結んだ線上から内側でティショットを行うように決められています。

ティーマーカーを結んだ線上にボールがかかっていればオーケーです。その線上を結んだ後方の範囲も決められています。後方範囲は「2クラブレングス(クラブ2本分)」と決められています。決められた区域をしっかり守って気持ちよくティーショットに向かいましょう。



05golf_hani700_01.jpg

ティーショットの基本ルール


ティショットを行うときも色々な状況、アクシデントなどを対象に決められたルールが多種にわたり用意されています。気持ちをリラックス、基本ルールをしっかり守ってプレースタートです。


ボールの周辺を打ちやすくならしたり改良してもペナルティはない


■ペナルティー:対象外:0打罰

05golf_thi700_03.jpg

ボールをティーアップするとき、よく見かける行為でボールの周辺をならしてティーショットをしますが、これはペナルティが課せられることはありません。この時点ではまだプレー開始前として適用されます。


ティショットを打つ前の素振り、アドレスでボールが動いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

ティーショットのスウィング前に練習スウィング、ワッグルなどで間違えてボールに当たってしまい、ボールが動くことがあります。これは打ったとは見なされないため、ペナルティが課せられることはありません。

第1打を打つ前の行為なので打ったことにはなりません。もう一度、仕切り直してティーを置きなおし、プレーしても問題ありません。


打ったボールが「チョロ球」、ティーマーカーのそば!ティーマーカーを移動させて打った


■ペナルティー:対象外:0打罰

第1打目のスウィングミスで「チョロ球」になりティーマーカ―の側に落ち次の1打が打てないときがあります。その際の打てるようにティーマーカーを移動させて打っても問題ありません。

これは2打目以降の「障害物」扱いになり移動させて打つことが可能です。移動の際は乱暴に扱わず丁寧に移動、打った後は戻しておきましょう。


順番を間違えて打ってしまった


■ペナルティー:対象外:0打罰

故意ではなく、自分の打つ順番を間違えて打ってしまうことがあります。何の意図もなく、ちょっとしたうっかりで間違えて打った場合はペナルティにはなりません。参加者を不愉快にさせないように「すみません」と一声かけておきましょう。やり直すことはせずそのままプレーを続けます。


ティーショットが「OB」になった


■ペナルティー:ティーショットがOBになった
OBになった時点:1打罰(1打+)

運悪くティーショットが「OB」になったときはペナルティー1打罰が課せられ、次の打数+1打で打ち直すことになります。

05golf_OB700_02.jpg

ゴルフ場によっては、プレーを円滑に行えるように「OB」の時に決めらたローカルルールがある所もあります。コース場に決まった前進ティーが設置され、そこからのプレー続行です。打数はそのルールに従って決められています。


ティーショット範囲を超え「出べそ」して打ってしまった。


■ペナルティー:ティーショット区域外で打った
発見した時点:2打罰(2打+)

よくあることで、遠くへ飛ばしたい、池を超えたいなどの気持ちが先行し、よく言う「出べそ」、左右のティーマーカーを結んだ線上より前で打ってしまうことがあります。これはペナルティが課せられます。

このペナルティー規則は1打目をノーカウントとしペナルティーが課せられます。ティーショットの際は「出べそ」など区域外のショットをしてつまらない損をしないように気を付けましょう。






posted by happy_golf at 16:40| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。