2016年10月31日

ちょっとした気のゆるみ「うっかり」で大きな失敗!
その時々のルールを大事に!
状況を把握してうっかりミスを防ごう。

スルーザグリーンでの基本ルール3
(ちょっと痛いミス!気を付けて慎重に!)


打つために側の邪魔なOB杭を抜いた


■ペナルティー:OBの杭(固定物)を動かした
2打罰(2打+)

よく勘違いで障害物と思いOB杭を抜いてしまうことがあります。OB杭は障害物ではなく固定物になり、打つときに邪魔になることがあっても抜いたりして動かすことはできません。この場合はそのまま打つか、アンプレヤブルを宣言して救済処置を受けるしかありません。OBとしての杭・壁・フェンスなどはみな固定物で動かすことはできません。注意しましょう。


アドレスでボールの後ろをならした


■ペナルティー:ボールの後ろをならした
2打罰(2打+)

ナイスショットをしたいがために、ボールの後ろの草をならしたり、押さえたりするとスイングの改善と見なされ、手痛いペナルティーの対象になります。少しの気のゆるみでペナルティーをとられないように注意が必要です。ありのままのショットが原則、その改善にはペナルティーが課せられます。


自分以外の人のボールを打ってしまった


■ペナルティー:人のボールを打った
打った打数はカウントしない
2打罰(2打+)

08golf_gokyuu300_03.gif

よくコース場であることですが、つい勝手な思い込みで他の人のボールを間違えて打ってしまうことがあります。これは自分以外のボールで「誤球」になりペナルティーが課せられます。打った打数はカウントしないで「誤球」のペナルティーが課せられます。打つ前に自分のボールかをしっかり確認してからショットします。凡ミスで大事なスコアを落とさないようにしましょう。


スイングに邪魔になる枝を折ってプレーした


■ペナルティー:木の枝をおった
2打罰(2打+)

林の中などにボールが止まっていて、枝や草木が邪魔になるとき、何気なしについ折ったり、踏んだりしてショットをすると、ゴルフの原則「ありのまま」プレーの改善にあたりペナルティーが課せられます。上手くショットをしたいと思うちょっとした軽い気持ちでしてしまう行為ですが、大きなペナルティーを受けてしまいます。ゴルフの原則を守って「ありのまま」のプレーをここをがけましょう。


ちょっとうっかりOBボールを打ってしまった


■ペナルティー:OBのボールを打った
誤球:2打罰(2打+)
OBボール:1打罰(1打+)
計:3打罰(2打+1打+)

08golf_OB300_01.gif

これは、うかっかりでもかなり痛いミスです。OBに止まったボールをついうっかり打ってプレーをしてしまうことがあります。これは、OBボールはインプレ―ではなくなるので「誤球」としての処理になります。それとその前のショットがOBなので「誤球」+「OBボール」のペナルティーが課せられます。ちょっとしたうっかりが手痛いミスになり大きなペナルティーになってしまいます。OBの確認、ボールの確認と両者ともしっかり見てプレーします。案外よくあるケースです。注意しましょう。





posted by happy_golf at 18:25| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナイスショットしたと思ったボールがバンカーに!
バンカーは曲者!気を引き締めて脱出作戦を開始!
しっかりルールを守って、バンカーをクリアしよう。

バンカー(ハザード)での基本ルール1
(しっかり救済ルールを覚えてアクシデントを回避)


バンカー内の煙草の吸殻が落ちていたので取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカーにつかまったボール近くに邪魔になる煙草の吸殻や紙コップ・ペットボトルなどは取り除くことができます。これは人工物(動かせる障害物)で取り除いてもペナルティー対象外です。もし取り除くときに誤ってボールに触れてボールが動いてしまった場合でも、ボールを元の位置にリプレースすれば問題ありません。

その場合はしっかりリプレースして元の位置からプレーします。リプレースしないでショットしてしまうとペナルティーを受けることになりますので注意しましょう。


砂に埋まってしまったボールを確認した


■ペナルティー:対象外:0打罰

09golf_suna300_04.gif

バンカー内に入ったボールが砂に埋まり、自分のものか分からず困るときがあります。その場合、救済処置があり、砂を取り除いてボールを確認、マークを付けて拾い上げての確認などができます。このとき、同伴者に宣言、確認をとり行います。確認後は元の状態に戻してからプレーしなければなりません。


参加者が誤って蹴った松かさがバンカー内に入り取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカー内で打とうとしたとき、自分以外の人が蹴った松かさなどが落ちて来て、打つのに邪魔になるようなアクシデントが起きたとき、その松かさを取り除くことができます。

本来、バンカー内の自然物は取り除くとペナルティーを受けることになりますが、この場合は自然物ではなく、打つ前の現状回復の権利で取り除くことができ、ペナルティーはありません。こんなときは気持ちを落ち着かせて、松かさを取り除いて、プレーに集中しましょう。


自然物(ルースインペディメント)


自然物(ルースインペディメント)とは、枯葉・木の葉・気の枝、動物の糞、虫類など自然のものを指します。松かさや木の葉などが自然に落ちてバンカー内にあるものは自然物になります。


ボールにくっついたレーキを取り除いた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカー内にあるレーキにボールがくっついて止まってショットに邪魔になるとき、レーキは人工物、障害物になり、ペナルティーを受けることなく取り除くことができます。取り除くとき、ボールが動いてしまった時は、リプレースしてプレーをします。取り除くときに砂の改善をするとペナルティー扱いになりますの注意しましょう。


バンカーショットのために、しっかり足元を埋めて安定させた


■ペナルティー:対象外:0打罰

バンカーショットの前に、スタンスをとるとき足元を砂にグリグリ埋め安定させてプレーしてもペナルティーになりません。足場が上手く決まらなく砂をならしてスタンスをやり直すなどは「砂のテスト」扱いになりペナルティーの対象になりますので注意しましょう。一度で充分にスタンスを決めて、しっかりしたショットをしましょう。


posted by happy_golf at 17:11| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンカー内は、思わぬルールがたくさん!
「ついうっかり」でペナルティーはもったいない!
ルールをしっかり勉強、楽しいゴルフにしましょう。

バンカー(ハザード)での基本ルール2
(ついうっかりミスでスコアを落とさないように)


枯葉などで隠れたボールを動かしてしまった


■ペナルティー:バンカー内のボールを動かした
ボールの移動:1打罰(1打+)

バンカー内のボールが落ちている枯葉の中に入り、クラブなどで探しているとき、間違えて埋もれたボールに触れて移動させてしまうことがあります。ペナルティーになります。打つときは、元の位置に必ずリプレースしてからプレーをします。リプレースを忘れて打つとペナルティーがプラスされてしまいます。慌てないで注意してプレーしましょう。


バンカーで打ったボールが戻ってきてプレーヤーに当たった


■ペナルティー:ボールが自分に当たった
1打罰(1打+)

バンカーショットのとき、前のあごが高かくショットしたボールが跳ね返って自分に当たることがよくあります。不運ですが、ペナルティーを受けることになります。止まった場所からプレー続行です。ボールが体に触れていて、移動したときボールも動いたときは止まった位置にプレースしてプレー再スタートになります。アンラッキーは忘れて、次のラッキーを期待してプレーを続行しましょう。


打つ前にバンカー内の砂にクラブが触れた


■ペナルティー:打つ前にクラブが砂に触れた
砂に触れる:2打罰(2打+)

09golf_suna300_04.gif

バンカー内のボールを打つとき、バックスイング、ワッグルなどでクラブを砂につけたり、触れてはいけません。触れるとペナルティーを受けることになります。バンカーに入って打つときは特にこのことに注意が必要です。

バンカー内でのショットの難しさもあり、つい慎重になり過ぎて打つ前のときに砂に触れてしまうことがあります。また、周囲の砂の凹凸などでバッグスイングのときに砂に触れてしまうこともあります。少しリラックスして砂にクラブが触れないように注意してショットしましょう。


バンカーショットのときバンカー内の枯葉に触れた


■ペナルティー:打つ前に自然物に触れた
2打罰(2打+)

バンカー内のボールを打つとき、構えなどで砂と同様でバンカー内に自然に落ちている枯葉など自然物(ルースインペディメント)に触れてはいけません。同じくペナルティーの対象になります。手でもクラブでも触れてはいけません。ついうっかり取り除いてしまったり、触ってしまったりすることがあります。手痛いペナルティーを受けることになります。バンカー内の自然物には注意が必要です。


間違えて他の人のボールを打った


■ペナルティー:バンカー内の同伴者のボールを打った
誤球打:2打罰(2打+)

09golf_suna300_03.gif

バンカーに少し埋まって少し見分けがつかないボールなど、自分の思い込みでうっかり人のボールを打ってしまうミスがよくあります。スルーザグリーンと同様「誤球」扱いのペナルティーを受けることになります。この場合は、打ったボールを元の位置にリプレースして、ボールの状態も復元しなければなりません。バンカーに入ったボールを打つときは、確認を充分にし誤球が無いように注意しましょう。



posted by happy_golf at 16:31| ゴルフルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサーリンク


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。